萌えキャラ エントリー詳細

Entry No.m14008

桜 柚 波 (さゆは)

平成24年10月に誕生した富士川町イメージキャラクターは、名前を公募した結果「桜柚波(さゆは)」に決定した。
富士川町の観光資源である「日本さくら名所100選・大法師公園」の「桜」、特産品である「柚(ゆず)」、かつて栄えた「富士川舟運」で運ばれてきた塩から「波」(昔は塩を波といった)の文字を取り、名付けられた。
名前の由来のとおり、町を代表する地域産業資源をたくさん身につけていて、地域の活性化に貢献している。
プロフィールとしては…
誕生日:5月25日(柚子の日)
身 長:148cm
性 格:イベントやお祭りが大好き!おてんば!
好きな食べ物:富士川焼うどん・みみ(郷土料理)
趣 味:富士川を眺めてボーッとすること
    落語を聞く(好きな落語は「鰍沢」)
口 癖:えべし!(甲州弁で「一緒に行こうよ!」の意)
2012年の「MOE1グランプリ」にまだ名前を募集中であったにも関わらず参加した結果、審査員特別賞を受賞した。
現在、衣装の方が1パターンのみであるが、今後地元の増穂商業高校の制服バージョンと、全国大会常連であるバレーボール部のユニフォームバージョン、着物バージョンを追加していくことで、今後の活動の幅を拡げていく予定である。

キャラ開発背景

当初は、富士川町商工会青年部で、ご当地素材を使用し地域活性化のために開発した「富士川焼うどん」と青年部活動事業をPRすることを目的に萌えキャラの作成にとりかかった。
何度もラフを練り直しているうちに、富士川町の特産や観光名所などが数多く盛り込まれ、また予想以上に「萌え~!」なキャラクターが出来上がりつつあったので、町をPRしたり町内で使ってもらえるような方向も視野に入れて、その結果誕生したのが、今の「桜柚波(さゆは)」である。

キャラの主な活動実績(観光、PR)

山梨県及び山梨県商工会連合会のホームページ等でも紹介されており、富士川町のPRの一助となっている。
新聞・雑誌・専門誌等での掲載状況は以下のとおりであり、富士川町の情報発信に役立っている。
1)H24.10.7(山梨日日新聞)富士川に「萌える」女の子誕生 他「山梨日日新聞」6回、「産経新聞」2回、「毎日新聞」1回 掲載
2)H24.11.25(ネット動画)USTREAMにて桜柚波ネット配信
http://www.ustream.tv/recorded/27262947 
ゲスト:ぴっかり高木といしいそうたろう出演
3)H25.1(商工会)商工会やまなしvol.263 萌えキャラで地域活況に燃える 他「商工会誌」1回、「鰍沢法人会誌」1回 掲載
4)H25.2.1(BS日テレ)ケンイチ 桜柚波の富士川焼うどん(茶居夢) 他「テレビ山梨」1回(生放送) 放映
またPR目的の主だった活動は下記のとおりである。
・H24.10.1 桜柚波誕生(プレスリリース)
・H24.10.13 ~ 14
地域キャラクター物産観光展MOE1グランプリ
会場:ベルサール秋葉原(東京都千代田区)
活動:名前募集、ゆずず販売(柚子酒)、審査員特別賞受賞。
・H24.11.11
第3回甲州富士川まつり
会場:利根川公園スポーツ広場(富士川町)
活動:名前が決定(桜柚波)、ゆずず(柚子酒)焼うどん販売
・H24.12.1
山梨県商工会青年部連合会「経営革新・先進事例研修会」
会場:アピオ(昭和町)
活動:地域活性化策に関連した桜柚波を熱弁(神田部長)
・H25.4.6
第42回信玄公祭り甲州軍団出陣
会場:JR甲府駅前(甲府市)
活動:富士の国やまなし国文祭記念パレードに桜柚波が参加
・H25.11.3 ~ 4
「山梨国文祭」クールジャパンやまなし2013
会場:アイメッセ山梨(甲府市)
活動:コスプレイヤー登場。周知活動。グッズ販売。

キャラの主な活動実績(お土産等)

桜柚波の関連グッズは以下のとおりである。
消費者行政啓蒙品(富士川町で制作)
・ボックスティッシュ 限定 1,000個
・クリアファイル 限定 2,000枚(青、赤各1,000枚)
・団扇 限定 500本・メモ帳 限定 1,000個
その他の製品
・缶バッジ(4種類)・紙製コースター 「富士川町商工会青年部」
・痛スタンプ(3種類)・印鑑ケース・iPhoneカバー
・ミニタッチペン(2種類) 「谷川商事」
・ゆずず(柚子リキュール酒) 「萬屋醸造店」
・柚子シャーベット 「いち柳ホテル」
・万能タレ「富士川の恵み」 「日出づる里活性化組合」
・富士川焼うどん 「いち柳ホテル」・「茶居夢」・「味彩」・「ビビアン」
また上記グッズ販売を行った主な活動は以下のとおりである。※PRとの重複は、省略しています。
・H24.10.20 ~ 21
第5回商工会祭り ~山梨発!絆の力で日本を元気に~
会場:小瀬スポーツ公園(甲府市)
活動:富士川焼うどん販売(準グランプリ受賞)。名前募集。
・H24.10.28
富士川町朝市「よりみちマーケット」1周年フェスタ
会場:富士橋西側町有地(富士川町)
活動:富士川焼うどん販売。名前募集。
・H25.4.5
第10回湖衣姫コンテスト
会場:舞鶴城公園(甲府市)
活動:富士川焼うどん販売「いち柳ホテル」
・H25.4.6
大法師さくら祭り
会場:大法師公園(富士川町)
活動:桜柚波ショー。富士川焼うどん販売など。
・H25.7.27
第4回ふじかわ夏まつりR52
会場:国道52号線(富士川町)
活動:桜柚波が参加。富士川焼うどん販売など。
・H25.11.10
第4回甲州富士川まつり
会場:利根川公園スポーツ広場(富士川町)
活動:富士川焼うどん、ゆずず(柚子酒)の販売など。
・H25.11.23
五開スクールフェスタ
会場:旧五開小学校(富士川町)
活動:桜柚波が参加。痛スタンプの販売等。
・H25.12.22
第22回山梨コミックチャレンジ
会場:アイメッセ山梨(甲府市)
活動:グッズ販売(痛スタンプ他)など。

キャラの地域貢献性

・萌えキャラの文化は、山梨県ではいまだ例がなく、各方面からの注目を集めている。(関東地方では山梨県が空白地帯)
・既存の顧客層以外の、富士川町には殆ど永遠に訪れない層への周知の一助となる期待がある。
・桜柚波誕生以来、地域内外のイベントに積極的に参加した結果、ご当地キャラクターとして定着するとともに、「山梨県の富士川町」を多分にPRすることができた。
・県立増穂商業高校では「第3回商品アイデア甲子園」に参加する際、包装紙に桜柚波を使用し高評価を得た。
https://members-club.flets.com/pub/pages/pointmenu/gotouchi/idea-koushien3/
・富士川町では、町のイメージキャラクターとして、町の啓蒙グッズ等に桜柚波を積極的に活用している。

キャラ権利関係・キャラ作者

著作権については富士川町商工会で所有。
作者は千葉サドル氏。

このキャラに投票する

投票受付は終了しました!たくさんの投票ありがとうございます!

投票方法

投票に参加いただい方の中から抽選で3名様に「地域萌えキャラ福袋」をプレゼントします!

あなたが応援したいキャラクター紹介ページにある、「ニックネーム」「メールアドレス」「応援したい地域」をご記入の上、“投票する”ボタンを押して、投票してください。

投票できるのは各カテゴリー、それぞれ1キャラクターです。

投票頂いた方の中から抽選で3名様に「地域萌えキャラ福袋」をプレゼント!

あなたの投票、お待ちしております!

※投票は、お一人1回のみ、重複してのご投票はご遠慮ください。
※1名の方からの重複投票と判断した場合、無効票とする場合があります。
※当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせて頂きます。

個人情報と取り扱いについて

[an error occurred while processing this directive]
[an error occurred while processing this directive]